キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

基本を再確認

懐かしい場所に行く機会がありまして 

 f:id:career-re-birth:20190208232101j:plain

 

ただの廊下と、ドアと、部屋なのに 

まるでホームに帰ってきたかのような 

安心感と嬉しさに包まれました。 

 f:id:career-re-birth:20190208232137j:plain

 

私達の学びの場。 

キャリコンとしての道のりは 

ここから始まりました。 

 

懐かしい先生からまた教えをいただき 

 

高い資質をお持ちの先輩方から 

相談支援の姿勢をお見せいただき 

 

自分がいかに漫然と支援をしていたか 

思い知らされました。 

 

やはりキャリコンは 

積極的に学びの場に出ないとだめですね。 

独善的になってしまう。 

自分の支援方法が正しいと思ってしまっては 

おしまいです。 

 

停滞は後退を意味します。 

 

常に質を高め続けなければならない 

それには 

常に自分はまだ足りないかもしれないと 

疑ってかからなければならない。 

 

今回ドキッとしたのは 

基本中の基本をおさえ続ける価値について。 

 

【キャリアカウンセリングの定義】 

(CDA版) 

キャリアカウンセリングとは、 

発達的視点に立って、 

成長と適応という個人の積極的側面に 

強調点を置き、 

個人が環境の中で 

効果的かつ自律的に機能できるように 

支援すること。 

自己概念の開発を通して 

キャリア形成を図ること。 

 

クライエントを発達する人と見ます。 

 

成長と適応に焦点を合わせます。 

 

自律できるよう支援します。 

 

では発達とは何か。 

 

何をもって成長とみなすか。 

 

適応とはどういう状態か。 

 

自律に含まれているものは何か。 

 

うわぁ… 

こんな目で見ることができていただろうか。 

毎日何人もの方と相談をしているけれど 

どのくらい真剣に本当のカウンセリングを 

やれていただろうか。 

 

そしてお一人おひとりが違うという 

この相談という仕事。 

お一人おひとりをまっさらな目で見て 

お一人おひとりに対して 

ベストを尽くさなければなりません。 

 

襟を正します。 

 

皆さんも、それぞれ学ばれたところの 

キャリアカウンセリングの定義 

キャリアコンサルティングの定義を 

もう一度見直してみましょう。 

 

ご自分がしていることが 

それに合致しているかどうか 

確認しましょう。 

 

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

https://re-birth-y.com/career/