キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

感情を無視しない共感力

仕事を辞めてきた 

能力不足と言われた 

言われないけど自分で能力不足を感じた 

上司と意見が合わずじまいだった 

周りの人からいじめられた 

 

クライエントはいろいろな経験を語ります。 

 

相談に来る場合 

つらい経験を持ち込む方が多いです。 

悩み、苦しみ、助けを求めて 

相談に来られるわけですからね。 

 

皆さんは、クライエントに 

感情を聴けますか。 

 

その時、どう感じたのですか? 

そう言われて、どんな気持ちになりましたか? 

何が一番つらかったですか? 

今振り返ると、どんな思いですか? 

 

「いやぁ…つらい経験だろうから 

あまり聞いちゃ失礼かと思って…」 

「思い出させて申し訳ないから…」 

「聞かれたくないかと思って…」 

 

などと、言い訳をして 

つい、逃げたくなってしまうのが 

 

感情。 

 

こちらとしては 

「あまり激しい感情や、深い心の問題を 

ぶつけられても、私対処できない!」 

「気持ちを聞いて、その後 

どう展開したらいいのかわからない!」 

とかいう思いが頭をよぎるんですよね。 

 

で、いろいろ自分に言い訳をして 

クライエントの感情を掘り下げることから 

逃げてしまう。 

 

でも 

 

クライエントにとっては 

感情も含めて経験なのです。 

 

次に自力で一歩踏み出すためには 

自分の感情に向き合い 

感情が起こった問題に取り組み 

自分で自分を理解することが 

クライエントには必要なのです。 

 

それに取り組みたくて、来ている。 

 

だからキャリコンも 

感情を無視せず 

注目してさしあげてください。 

 

クライエントはつらい体験を再現するので 

ひとりぼっちにせず 

キャリコンが共に感じてさしあげてください。 

 

共感です。 

 

クライエントが安心して 

自分の感情と向かい合えるように 

寄り添って 

安全な場を提供してさしあげてください。 

 

キャリコンが何かしてあげなきゃ、なんて 

思わなくて大丈夫。 

どーーんと支えていれば 

クライエントが自分で問題に取り組んで 

自分で答えを出すから。 

 

キャリコンが怖がらず 

感情を二人の間に持ち出させて 

一緒に見ましょう。 

 

f:id:career-re-birth:20200723172342j:plain

=================== 

 

国家資格キャリアコンサルタント試験 

ロールプレイ練習 実施中です↓ 

https://peraichi.com/landing_pages/view/roleplaypractice 

 

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべゆうこ 

 

山形で就活サポート・キャリアカウンセリング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/careerrebirth  

 

コミュニケーション不安・発達障がい・人間関係が苦手なあなたのための  おしごとコミュ力相談室 

 

https://cdws-career-re-birth.blogspot.com/ 

相談室がLINEで届きます。個別相談もできますよ。 

 

https://lin.ee/tJKrP1I