キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

社会人として当たり前の最低限のこと②

前回に引き続き
【社会人として当たり前の最低限のこと】
世の中は新社会人のあなたに何を求めているか?
の、第二弾です。

・早めに出社する

  重要な業務をまだできないのなら
  せめて早めに出社して
  社内のことを覚える努力をしたり
  机を拭いたりして
  早くここの一員になれるよう
  努力する姿勢を見せてください。
  こういう努力の姿勢を
  見る人はちゃんと見ていてくれます。

・電話には出る

  社内のこと、人、まだ全然わからないのに
  電話に出るのは怖いでしょう。
  でも電話に出るのは、新入社員の仕事なのです。
  だって他の重要な業務を
  あなたはまだ、できないから。
  電話に出て、要件をお聞きして
  担当者を探し出して、つなぐ。
  あなたがまず会社に貢献できるのは
  このくらいのことから。
  これを真摯にやっていると
  社内のこと、人、仕事のこと、覚えていけます。
  
・終業時刻までは仕事をする

  学校の授業だと
  終わりのチャイムの5分前くらいから
  片づけを始めたりしますが
  仕事は、終業時刻までが仕事の時間。
  時間いっぱいまで仕事をしてください。
  片づけは終業後にするものです。

・何かしてもらったら感謝を述べる

  あなたが仕事に慣れるまでの
  数か月~数年間、
  あなたの足りない部分を
  周りの皆さんが必死で
  フォローしてくださっていることを
  忘れないでください。
  あなたは
  他の皆さんがご自分の仕事をやる時間を
  奪っているのです。
  あなたの心のこもった
  「ありがとうございます」の言葉が
  周りの皆さんの心を救います。

・ミスしたら謝る

  一人のミスは
  周りの皆さんに迷惑をかけ
  お客様に嫌な思いをさせ
  会社の収益を減らしてしまい
  会社全体の信用を損ねてしまいます。
  しかし絶対ミスしないことも不可能。
  してしまった時の、真摯な、誠実な対応が
  その後の全ての影響を好転させます。
  誠心誠意、謝って、次につなげましょう。

・周りの人の行動に合わせる

  全員必死で残業をしているのなら
  あなたも手伝ってください。
  周りの皆さんがお菓子を食べていない時は
  あなたも食べてはいけません。
  職場は共同体です。
  信頼し合える関係を築くために
  周りの人のやり方を尊重してください。

・自分の仕事の範囲は変わるものと認識する

  「私は事務なのに、現場をやらされた」
  などと怒る若い方が多いのですが
  仕事では、自分の範囲以外のことも
  やるのは当たり前のことです。
  いろんな業務が折り重なって積み重なって
  一つの会社が成り立っています。
  どの仕事も、会社には欠かせない業務。  
  どこかで手が足りなかったら
  手伝うのが社員としての義務です。
  自分ができることが増えていくことは
  社会人として喜ぶべきことです。

いかがでしたか。
新入社員になる皆さん、難しいと感じますか?

大丈夫です。

前回から例示してきた
【社会人として当たり前】の【最低限】のことは
全て、コミュニケーションに関することだと
お気付きになりましたでしょうか。

そう、新入社員に求められているのは
今までやったことのない『仕事』を
できる・わかる、なんてことではなく

人間社会でのルール
人と人との関わりの間にある温かいもの
なのです。

今までも、人と人との間で生きてきた
あなたなら、きっと、できます。

先輩を尊敬し
自分は謙虚になり
誰のため・何のためにはたらくかを忘れずにいれば
絶対、できます。

がんばってください♡

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

f:id:career-re-birth:20160318193536j:plain

(出てきた新芽はこんなに伸びました)

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・CDAキャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/