キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

Hospital/Hospitality

昨日、アロマのHPブログにも書きましたが、病院に行ってきました。

あ、これは一昨日の記事のお医者さんとは全く無関係です。
今回は大きな病院です。

f:id:career-re-birth:20151206230939j:plain

以前私も2年ほど、この病院に勤めていました。
本当に良い職場でした。
特に私のいた部署は、皆様いい方々ばかりで
環境に恵まれ、ストレスが少なく体を動かす仕事の充実感もあったし
医療大好きの私にとっては知的好奇心を満たしてくれる、刺激的な日々でした。

こちらの病院の外来は、診察にナースがつかないことが多いです。

入院病棟の看護師配置7対1(入院患者7人につき看護師1人)という
現在国内での最高レベルを保っているため、看護師の多くが入院病棟に配置され
外来の看護師さんは、とっても少ない人数ですっごく頑張って仕事を回しています。

もちろん、病棟の看護師さんも頑張ってますよ!
重症・重篤な患者さんの多い病院ですから、1秒たりとも気の抜けないお仕事をなさってます。
本当に頭の下がることです。

そんなこんなで、外来診察はドクターが1人で何でも行います。

びっくりしました…
ドクターが、あまりにも親切で!!
語り口調も柔らかく、腰も低く、気遣いも厚く。

特にこの2つのお言葉が、印象的でした。

①「今日で全部わかって、お帰りいただきますからね」

②「今から検査に行っていただいて、また診察にお戻りください。
1時くらいには全部終わりますからね」

①は、原因がわからない・もしくはうやむやのまま終わらせたりしませんよ、という意味ですね。
今日中に絶対に原因をつきとめます!という強い宣言でもあります。

勇気ある宣言ではありませんか!
今日中ではわからない、ということだって医療ではあり得るはずでしょう。

しかしこの一言が。、患者をどんなに安心させてくれることか。
(私は最悪の場合、後日検査結果を聞きに行くときは
「ご家族と一緒に来てください」なんて言われるのかと想像していましたので)

②は、見通しを持たせてくれる優しさ。
慣れない大病院での診察と検査で何だかわからなくて不安な中
終わりを見せてもらえると人は安心します。

突然ですが、皆さんは自閉症の方をご存知ですか。
実は、自閉症の方にとって良い方法は
老若男女誰にとっても良い方法、と言われています。
例えば、自閉症の方は
先の見通しがわからないと、とても不安になります。
不安が強すぎると、パニック行動を起こしたりします。
「この作業は〇時までだよ」とか
「ここまでできたら終了だよ」とか伝えると
安心してその作業に集中することができます。

このことを思い出しました。
見通しが持てると、こんなにも安心するのか、と。

しかしこれだって、本当に1時に終わるかわからないじゃないですか。
検査室がめっちゃ混んでるとか。
でも検査室に確認したりせず、時間を断言して
しかも本当に1時頃終了しました。
ということは
普段から、今頃は、検査室がどのくらい混んでいて
終了までどのくらいの時間がかかるか
気を付けて見ていて、わかっているということですよね。

プロだ…
ドクターは、医療のプロなのに
患者さんを安心させるホスピタリティの面でも
プロなんだ…!

病院全体の研修がしっかりしているのか
それともこのドクターが特別いい人なのか。
でも
総合受付も、ブロックのクラークさんも、検査室の技師さんも、感じ良かったし
廊下を歩いているドクターやナースも
怖い顔をしている人は全然いませんでした。

やっぱり、病院全体の、サービスの質が確実に上がっているんですねー。

いや、もしかしたら、他の大病院でもそうなのかも?
医療業界全体が?

もしかしたら…
進化してないの、労働業界だけだったりして!?
何だか、普段あまり変わったところに行かなくなって
世の中の変化がわからなくなっているのかも。

私も、全体としてのプロの仕事ができるようにならなければ。

お客様が気持ちいいと、働く人も気持ちいい
そんな職場、いいですね。

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・カウンセラー受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

広告を非表示にする