キャリアコンサルタントになろう

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント受験者応援ブログ

一人前の職業人への過程

先日、とある人生相談コーナーで
『職場が冷たい。わからないことを尋ねても「自分で調べて」と教えてもらえず
ミスを責められる』という相談に対し

お答えする専門家は
『職業人としての自覚が足りないのでは?』と一喝していました。

相談した本人や同じように悩んでいる多くの読者は
ショックを受けたかもしれません。

自分があたたかく受け入れられ、一つひとつ丁寧に教えてもらえ
失敗しても「大丈夫、次がんばろうね」と言ってもらえる
そんな環境を期待してくると

社会は冷たくつらい所に見えるかもしれません。

では、皆さんを受け入れる側の職場の先輩方は
皆さんをいじめようとしているのでしょうか?

違いますね。

皆さんを、職業人として育てようとしているのです。

新入社員のすぐ近くに配置されている先輩は、会社から
皆さんを職業人として育てよ、という責務を与えられているのです。

先輩から皆さんに与えられる指示・声掛けは全て
皆さんが職業人になれるようにという意図で発せられている
と認識しましょう。

わからないことを聞いたら「自分で調べて」と言われた。

自分で調べると理解が進むので、自分でできるようになる。
この間教えた別のものの調べ方を応用して、調べられるようになれば
その応用は他の業務にも般化してできる仕事の幅がどんどん広がる。

という意図かもしれませんね。

ミスをしたら責められた。

ミスがどのくらいの人に影響しそれをリカバーするためにどれだけの人が動き
お客様にどれくらい損害を与え会社の信用にいかに影響するか
これを理解できれば
自分の業務に対する責任感も増えミスをおかさないように工夫する力が伸び
正確性が増し任せて安心のプロになれる

だからかもしれませんよ。

そう言われると
先輩も何でもかんでも冷淡なわけではないな…
認めてくれてる部分もあるな…
もっとできるようになったら喜んでくれるかも…

などと思えましたでしょうか。

f:id:career-re-birth:20151116170753j:plain

「いやいや、違うって!
何をどう調べたらいいかもわからないくらい高度なことだったのに
自分で調べろって言われて
俺が失敗して上司から怒られてるのを陰で見てニヤニヤ笑ってたんだよ!」
とか

「ミスをして責められる時は大勢の前でさらし者にされて
私の人格を否定したり私の親をばかにしたりする汚い言葉で大声の罵倒を続けて
これが何十分も、毎日なのよ!」
とかいう場合は

職場に別の大きな問題が発生しています。
ご家族や、周りの信頼できる大人に即刻打ち明け
専門の相談窓口に相談してみましょう。
http://no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter


こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・カウンセラー受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/