読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアコンサルタントになろう

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント受験者応援サイト

仕事とか学校とかが苦しい時は

うちの夫が通っている空手道場の師範が
道場生である子ども達の前で
こうおっしゃったそうです。

「この中に、もしも
学校でいじめられている人がいたら
いいか
学校は行かなくていいから
道場に来なさい!」

鎌倉市図書館のツイートを
思い出しました。
http://feely.jp/28934/
『もうすぐ二学期。
学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、
学校を休んで図書館へいらっしゃい。
マンガもライトノベルもあるよ。
一日いても誰も何も言わないよ。
9月から学校へ行くくらいなら
死んじゃおうと思ったら、
逃げ場に図書館も思い出してね。』

人は
いていい居場所があれば生きられるのです。
自分であることを周りから認めてもらえる場。
それがないと感じられると
生きられなくなります。

常見陽平さんのコラムを読みました。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsunemiyohei/20161027-00063764/
『「嫌ならやめればいいのに」とか
「もっと早く、人に相談すればいいのに」
と言う人もいることだろう。
しかし、そんなことを考える余裕もないくらいに
追い込まれていくこともある。
何もかも自己責任と呼ぶのは
もうやめにしよう。』

そんな心理状況がよくわかる
ツイートも発見しました。
http://feely.jp/54545/
『「自殺するくらいなら辞めれば」が
できない理由』

これらが共感を呼んでいるのは
まさにここに描かれている通りだからなのです。

もし、私達の周りに、知り合いに
辞められなくて苦しんでいる人がいたら

私達は
繰り返し、繰り返し、繰り返し
伝え続けましょう。

【他の居場所があるよ】
【別の居場所にいっていいんだよ】
【こっちにおいで】
【休んでいいんだよ】
【辞めていいんだよ】
【辞めても他で生きられるよ】
【寝ていいんだよ】
【止まっていいんだよ】
【泣いていいんだよ】
【あなたのせいじゃない】
【あなたは間違ってない】
【あなたは負けていない】
【そんな所から離れて生きよう】
【一緒にいるよ】
【あなたが大切なんです】

この声が相手の耳に、心に、届くまで
諦めず伝え続けましょう。

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・CDAキャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/