キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

クライエントの問題とは

キャリコン受験に向けて頑張る皆様が 

おさえておきたいポイントシリーズ。 

 

今回は 

論述問題の【問い3】であり 

面接試験の口頭試問でも聞かれやすい 

『キャリコンから見たクライエントの問題』 

 

これについて、皆様はよく 

「上司から○○と言われていて 

でもご家族は△△で… 

お困りです」と 

 

クライエントの周りのこんがらがった状況 

困り事を 

答えてくださるのですが… 

 

こではないんです 

 

キャリアコンサルティングの目的は 

何でしたでしょうか。 

 

クライエントが成長すること 

でしたね。 

 

クライエントの問題とは 

クライエントの成長、から見た問題です。 

 

クライエントが 

そこを乗り越えれば 

成長する、力になる、というポイントです。 

 

周りの状況が収まれば 

クライエントは成長するのか。 

困り事が解消すれば 

クライエントは成長するのか。 

 

ラクにはなるけれど 

社会人として成長するかは微妙ですね。 

 

クライエントの問題とは 

『クライエントが社会人として成長するために 

乗り越えるとよい成長課題』 

これを答えてください。 

 

「AとBとを選択できないでいること」 

とか 

「ご自身の○○に気付けていないこと」 

とか 

「△△に目が行って自分事として捉えられていないこと」 

とかです。 

 

そうすると、その後の【問い4】も 

上記の課題を乗り越えるために 

必要なことを展開させるのです。 

 

「ご自身で選択できるようになるために 

〜〜について整理していく」 

「○○をご自身で自覚できるよう 

〜〜と働きかける」 

ご自身で変えられるところはないか 

〜〜についてお考えいただく」 

とかになります。 

 

↑このまんま言わないでくださいよ。 

これは私の言葉ですからね。 

真似してる言葉は、浮きますからね。 

面接官もクライエントも気付きますよ。 

 

じゃあ自分なら 

どんな働きかけをするか。 

練習を重ねて、身に付けましょう。 

f:id:career-re-birth:20191022100701j:plain

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべゆうこ 

 

山形で就活サポート・キャリアカウンセリング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/careerrebirth  

 

コミュ障さんのための就職教室 

 

https://cdws-career-re-birth.blogspot.com/