キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

キャリコンとしての素地の醸成

第11回国家資格キャリコン試験に向けて 

ロープレ勉強会を開催しています。 

 

私が勉強会で目指しているのはこれです。 

【キャリコンとしての素地の醸成】 

 

スキル、ツール、理論… 

言い回し、感情の反映、問題の把握… 

使えるものはいろいろ教わってきましたが 

これらを使うことが 

試験のゴールではありません。 

 

出会って間もない相手が 

専門家としての武器だけ振りかざして来たら 

クライエントは 

うまく丸め込まれてしまうような感覚を覚え 

専門性を見せつけてくるようで鼻につき 

本音を話す気にはなれないでしょう。 

自分と向き合うことを拒否するでしょう。 

 

技術の前に、なければならないのは 

キャリコンとしての素地 

ベースになる‟キャリコンという在り方” 

つまり、あなたの人柄です。 

 

なぜなら、クライエントは 

自分の人柄をさらけ出して 

自分の弱みや苦しみを明かしに来るのです。 

それを真剣に大切に受け止めるには 

こちらも‟人として”懐を広げていなければ 

対等な関係にならないじゃないですか。 

 

試験では、あなたのベースを見せるのです。 

うまくやれることを見せるのではなく 

あなたの‟キャリコンという素地”を見せるのです。 

それがたまたま 

クライエントの話の聴き方や 

クライエントが話しやすいように促すやり方や 

クライエントが問題に向き合いやすいように支える 

やり方に表れるだけです。 

 

キャリコンという在り方をベースに持っていたら 

どんな聴き方をするでしょう。 

キャリコンという在り方をベースに持っていたら 

クライエントの問題をどう捉えるでしょう。 

キャリコンという在り方をベースに持っていたら 

クライエントの変化をどう促すでしょう。 

 

このベースを身につけたら 

行動は後から付いてきます。 

スキルはどんどん使いやすくなります。 

肩の力が抜けます。 

そして 

クライエントが好きになります。 

 

技術で自分を防御するロープレでなく 

素で行ってクライエントの成長を見られる 

ロープレになりますよ。 

 

あなたにとってのキャリコンという素地って 

どういうことでしょうか。 

ベースを作ってください。 

 

f:id:career-re-birth:20190114020906j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

 

https://re-birth-y.com/career/