キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

面談の時、なに着ますか 

仕事でキャリアカウンセリング・相談業務を 

なさる時もそうですし 

面接試験も来週ありますね。 

どんな服を着ますか? 

 

ちゃんときまりがありますので 

その通りにしましょう。 

CDAテキストには 

【クライエントの意識が自分自身に向くように】 

【派手な服装は控え】 

【きちんとした姿にする】 

とあります。 

 

f:id:career-re-birth:20171123092659j:plain

初対面の、仕事で悩む方が、あなたを見て 

「この方なら信頼して 

自分のプライベートな悩みも打ち明けられるわ」 

「この方なら大丈夫そう」 

「年下だけどちゃんとしてそうだな」 

と、思うような 

そんなあなたに見えること。 

 

「自分のことを話すなんて恥ずかしい…」 

「こんな自分、情けない…」 

「責められたらどうしよう…」 

「わかってくれるかな…」 

「もう辛くて一人で対処できない…」 

こんな想いをお持ちの方も 

それでも勇気を振り絞って本音を話してみようか、と 

思えるようなあなたであること。 

 

信頼できる他者に伴走してもらって初めて 

人は自分の問題と向き合い 

自分で乗り越えようとする力を得ることができます。 

 

それを促す立場のキャリコンに、相応しい服装です。 

 

また服装は、相手への敬意も表します。 

クライエントに敬意を持てるなら 

クライエントに対して失礼でない服装に 

自然となる筈です。 

 

これらを踏まえて… 

いえ、いいんですよ、自分で決めていいのです。 

決まりはないのですから。 

でも… 

 

ジーパンとか 

ポロシャツとか 

カジュアルな私服って 

どうなんでしょう。 

 

本当に信頼してもらえるでしょうか? 

 

私は先生から 

「スーツを着なさい」と教わりました。 

最低限スーツ。これで間違いないです。 

スーツなら【きちんとした姿】と言えるでしょ。 

 

また私の所感として、前にも申し上げましたが 

男性は“くそまじめ” 

女性は“モサい”くらいがベストです。 

『こんなキャリアカウンセラーはいやだ』参照↓ 

http://career-re-birth.hatenablog.com/entry/2016/02/22/180000

自分らしさとか、格好良さとか、要らない要らない! 

捨ててください。 

 

服装に、あなたの 

キャリアコンサルタントとしての姿勢が表れますよ。 

 

(※注:筆記試験の時の服装は、自由です。 

リラックスできるカジュアルな服で大丈夫ですよ) 

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/