キャリアコンサルタントになろう

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント受験者応援ブログ

残業代が出ないので退職しました

最近増えてきました、残業に関する相談。
退職理由もこれが多いです。

残業をどうやってしているのか、は
職場によって本当に様々です。
個人の希望や裁量に任されていて
残業しなきゃ間に合わない!と思ったら
個人的にして、請求するパターン。
上司からの命令がなければ
絶対にやってはいけない、
残業したけりゃ○時までに
△△の理由で残業させてください、と
上司に言わないといけないパターン。
1か月の上限時間を超えないように
調整するパターン。
私が経験してきた職場だけ見ても
それぞれバラバラでした。

あなたの会社がどうなのか、
これによって捉え方も変わります。

「残業代が出なかったので退職しました」
こう訴えるケースに何が起こっていたか
想像し、考えてみましょう。

【本人の事情】
・俺残業したんだから、会社は当然
 金を払うべきだと思っている?
・自分が残業をしたのは正しかった
 と思っている?
・会社の態度が不誠実で怒っている?
・仕事とは定時に終わるべきで、
 残業自体が即ち悪だと思っている?
・残業にそもそも耐えられない?
・ちゃんと請求してない?
・人に言う退職理由として
 同情・共感を得られやすいので
 言っている?

【会社の事情】
・残業しろなんて言っていないよ
 お前が勝手に残ったんだろう
 と思っている?
・君が残業してたなんて、聞いてないよ
 と思っている?
・一人で時間内に対処できないのなら
 周りに相談するなどできる筈
 と思っている?
・残業代を出さないのは
 時間内に仕事を終わらせる努力をしろ
 という意味?
・残業代は来月の給与につくんだよ
 当然知ってるよね?
 
想像するだけで
いろんなすれ違いが起こっていそうな
気がしますね。

皆さんの職場でも、実際に
こういう思いのすれ違いが
起こっていませんか。

どう考えるのが正しいのか、は
職場によって違いますので
職場でよく話し合い
意見交換をし

相手が何を考えてそうしているのか

理解した方がいいですね。
わかり合えれば
離職を防げるかもしれません。

f:id:career-re-birth:20170108021823j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・CDAキャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/