キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

筆記と論述お疲れ様でした

先週末、キャリアコンサルタント試験の
筆記と論述が行われました。
受験された方、お疲れ様でございました。

試験内容が公表されたので見てみました。
◆JCDA https://www.jcda-careerex.org/past.html
●キャリ協 https://www.career-shiken.org/past.html#contents02

◆JCDAの方は
逐語が1種類(2パターン)になって
読む時間が短縮できましたね。

CCtが・相応しい・相応しくない 問題は
第1回はいかにも
相応しくない感じでしたが
今回は
相応しいっぽい発言が出てきました。
これは、理由をどう説明するかに
かかっているのでしょうね。

2例の展開の違いを説明する問いの
指定語句も3つに減りましたね。
語句を指定されるのが大嫌いな
私にしてみると
ちょっと書きやすくなった感あります。

しかも指定語句を見ると
何を解答させたいか
わかりやすくなりました。

「主訴 関心 展開」
CLの主訴はそれぞれ何になっているか
CCtの関心はどこに向いているか
(CLの関心で書くこともできそう)
どのような方向に展開しているか

これで解答用紙6行を埋めるのですね。

そして問い3が新たにできました。
あなたなら今後の展開をどうするか。
前回キャリ協の方にこの問いがあったので
今回こちらにも追加されたのでしょうかね。
JCDAの変化がよく表れている問いです。

●キャリ協の方は
前回に引き続き
「あなたならどうする」感が強い
設問展開ですが
「これについて書け」の指定が
少し緩んだ気がしますね。

しかし「空欄A」「空欄B」
学校時代の国語の試験を彷彿とさせます。
指定が緩んだ分、書きづらい。
これは難しいですね。

そして「相談者の『問題』は何か」
だんだん2級に近づいてきましたよ…

提案内容が「職業能力開発」と
指定されたのも、なかなかきつい。
何を提案するといいのか…?

そして今後の展開をどうするか
で終わっています。

両者とも、協会の特徴が出ている
問題でした。
どちらが答えやすいか
好みは人それぞれでしょう。
次回以降に受験予定の方は
第1回と第2回の過去問をよく見て
ご自分に合った方の協会で
受けるとよいでしょう。

いずれにせよ、求められているのは
キャリアコンサルタントとしての
資質です。
“プロならこう考えるでしょ”です。
ベースは、養成講座で学んだこと。
テキストに載っていた全てです。
資質がキャリアコンサルタント
なっていれば
小手先の技術を身につけようと
躍起になる必要はありません。
資質から発せられる言葉と行動で
クライエントに接すればよいのです。

では今週末・来週末の実技に向けて
練習を頑張りましょう!

■キャリコン勉強会
11月27日(日)PM 山形市内にて

HP『お問い合わせはこちら』から
お問い合わせください♪

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・CDAキャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/