読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアコンサルタントになろう

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント受験者応援サイト

業界を絞り込む必要性はあるのか

食品製造、SE、機械組立、塾講師、営業、老人介護…

業界も職種もバラバラで
何の脈絡もなく、かたっぱしから受けている
そんなふうに見える就活をする人がいます。

職業相談員やキャリアカウンセラーといった
私の同業者の中には
こういう人のことを
「軸がブレている」と言って
「そんな就活をしてはいけない」
「業界を絞り込みなさい」
と言う人もいます。

でも、どうでしょう。
本当に軸がブレているのでしょうか?

私も若い頃は
想像すると何でもできそうな気がして
かたっぱしから受けていました。
その会社に入ることを想像すると
「こうはたらきたい」「あれをやりたい」
志望動機はいくらでも浮かんできました。

「何でもいいや」で選んでいるわけではないのです。
何の脈絡もなく見えるけれど
何かあるのです。

その人なりの価値基準が。

相談業務従事者は
自分の思い込みを捨ててください。 
その人なりの価値基準が何なのか
ぜひ聞いて差し上げてください。

就活をしているあなたは
なんで自分がその求人に惹かれたか
考え、説明してください。
相談業務の人に説明できれば
本番の面接でも説明できるようになりますよ。

職選びの価値基準は
「業界」「職種」「専攻」「経験」「資格」
なんていう単純なものではありません。

「私は人がこうなってくれるのを手伝いたいんだ」
「私は今までこういう職を経験してきたから
今度は逆の立場で役に立ちたいんだ」
「私はいずれこういう仕事をやっていきたいから
今それに向けて身につけるべき資質のうちの1つを
よその世界で鍛えたいんだ」

こういうことで
求人を選ぶ人もいるでしょう。

そんな時、業界なんてどうだっていいじゃないですか。
あなたの自己実現につながる道なら
すべて、望ましい道ですよ。

f:id:career-re-birth:20160214081954j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・CDAキャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/