キャリアコンサルタントになろう

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント受験者応援ブログ

あなたは良いカウンセラーです

いよいよ
第48回CDA資格認定二次試験が明日・明後日となりました。

受験者の皆様
ご自身の気を付ける点をもうお持ちだと思いますので
そこだけ気を付けましょう。

新たな何かに挑戦する必要はありません。
もうあなたは、カウンセラーとして、良い点をいーーっぱい、お持ちです。
それを出す、出し切る。そこに全力を注いでください。

やるべきことは

話しやすそ~~な人になること。

安心~~な場の雰囲気を作ること。

自分の意識でなく、クライエントの想いの方に全意識を集中すること。

一つだけ
この話をさせてください。

こんがらがる恐れがあるのが
第三者の悩みを持ってくるクライエントです。

部下が言うことを聞かないとか
上司がひどいことを言うとか。

ここで
部下にどう言う
上司にどう対処する
という話に持っていってはいけませんね。

焦点はクライエントに当てるので
「部下が言うことを聞かないと困っている自分」
「上司にひどいことを言われている自分」
の方に、クライエントの意識を向けさせなければなりません。
クライエントのキャリアカウンセリングですから。

でも
「上司にひどいことを言われている自分をどう思いますか?」なんて
ストレートに聞いてしまったらいけませんね。
クライエントは責められていると感じ
心を閉ざしてしまいます。

上司との関係性の中の自分をどうしたいか
部下との関係において自分はどうしたいか
自分はなぜ相手に期待を抱いているのか
自分は何を大切に働いていきたいか

こういったことに
クライエントが自然と気付けるような
聴き方・はたらきかけを、してください。

クライエントは、たくさん語れば語る程、気付きに近づきます。

この気付きが面談中に得られたら
振り返りで必ず試験官に言ってください。
気付きが得られるくらい信頼関係が築けたと。
クライエントに気付きがあったと自分も気付けたよ
それだけ冷静にやったよ!というアピールにもなります。

さあ、クライエントにとことん語っていただく
10分間が始まります。
どんな人間模様をお聴かせいただけるか楽しみですね♪
無条件に肯定的に受け取り
共に感じ
自分は自己一致していましょうね。

あなたらしいカウンセリングができるよう
お祈りしております。

f:id:career-re-birth:20151218075622j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・カウンセラー受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/