キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

相手の話を遮らない

今日はカウンセリングのトレーニングのお話です。

キャリアカウンセリングの試験で目指すところは
クライエントに想いを正直に語っていただくこと。 

クライエントが、語って語って語り尽くす。
そうすると、気付くのです。

「そういえば私、前から…」
とか
「そうか、私、こうしたかったんだ」
とかね。

JCDAで言う『経験代謝』ですよ。

これで合格です。

クライエントが語ることが重要なので

例えばカウンセラーがしゃべっている最中に、クライエントがしゃべりたくなって

かぶせてしゃべり始めたら

カウンセラーは、しゃべるのをやめてください。

かぶったら、絶対カウンセラーは止まらなければなりません。

「私が今しゃべっていること、重要だからー。あなたのためになるからー。
最後までしゃべっておいた方が親切なんだからー」
は、カウンセラーの勝手な思い込みです。

クライエントを最優先にしてください。

クライエントが気持ちよく語るセッションは、良いものですよ。
経験代謝がクルクル回りクライエントの目が輝きます。

クライエントの成長を促してください。

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

f:id:career-re-birth:20151020180857j:plain

山形で就活サポート・キャリア相談・カウンセラー受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

広告を非表示にする