キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

自分から聞きに行く

はたらく経験の少ない若い方は、よくおっしゃいます。

「会社の人は、仕事を全然教えてくれない」

さて、どういう状況からこの感想が出たのでしょうか?

誰かが教えてくれると思って待っていたのでしょうか。

10あるうちの1くらいしか教えてくれないのでしょうか。

聞きに行ったけど「自分で考えろ!」と言われたのでしょうか。

もしかして以前も何度も同じことを聞いていませんでしたか。


*就活生や若い皆さんへ

皆さんは、自分から聞きに行ってください。

あなた方には、できます。

待たないで、即、聞いてください。

わからないことを、わからないまま仕事をすると、間違いが生じ
お客様にご迷惑をおかけし会社に損害を与えます。

わからないままやらせる会社が悪いのでしょうか?

やったのはあなたです。
やるのはあなたです。
やらないのはあなたです。

誰かのせいにせず自分の仕事は、自分のせい。それが仕事。

そして教わったことは確実に覚えてください。
同じことを何度も聞きに行っては、上司が怒るのも無理はありません。

少ししか教えてくれないのは一気に全部教えても吸収しきれないだろう、という
上司の配慮なのではないですか。

少しずつしか教えてくれないのなら、少しずつ聞きに行ってください。

一つずつ段階を踏んで経験した仕事は、確実に身につきますよ。

「自分で考えろ」と言われるのは
自分で考えると仕事の理解が深まり・広がるからです。
一流の仕事人になるためには絶対必要だからです。

自分で考えた結果を上司に報告し、確認してください。
勝手にやって、間違えたら、あなたが悪いんですよ。

「しょっちゅう聞きに来るな!」と言われたら
しょっちゅう聞きに行っても怒られない関係を、築かなければなりません。

もしあなたが先輩だったらどういう後輩だと
しょっちゅう聞きに来てもうざくないですか。

人間関係は毎日の、1分1分、1秒1秒の積み重ね。

あなたの、はたらく人物像も、毎日、一瞬一瞬、周りの人が見てくれています。

どういう人間関係を築く、どういうはたらく人に、なりたいですか。

◦ ~ ◦ ~ ◦ ~ ◦

前回、知的障がいのある方には聞きに来させない
という話を書きましたが

周りの人からしょっちゅう声をかけてもらうことによって
信頼関係が生まれ

「聞いていいんだ」
「教えてもらえれば仕事を間違いなくできるんだ」
ということを経験から学び

その後、障がいのある方でも、自分から聞きに行くということが
すぐできるようになりました。

しょっちゅう、お互い確認し合うので仕事の間違いはあまりなく
確実な仕事ぶりが高く評価されているそうです。


こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ

f:id:career-re-birth:20151020174236j:plain

山形で就活サポート・キャリア相談・カウンセラー受験対策 キャリア Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/career/


山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・アロマ講座 アロマ Re-Birth(リバース)

http://re-birth-y.com/aroma/

広告を非表示にする