キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

自分で調べない学生に 

「あの学生、自分で調べもせずに 

何でもこちらに聞いてくる」 

 

学生の就活支援をしていると 

たまに感じるのが 

学生や若者があまりにもこちらに 

質問ばかりして 

支援者を頼りすぎなんじゃないか 

という点。 

あなたにもありますか? 

 

大人の支援者としては 

 

 ○。.○。.○。. 

軽々しく聞きに来て 

聞けば何でも教えてもらえると思っている 

努力もしないで 

ラクをして 

大人を便利に使おうとして 

生意気だ 

 ○。.○。.○。. 

 

なぁんて感情が 

湧いちゃうんですよね、きっと。 

 

うん、それもあなたの価値観。 

自己概念の影響を受けて作り出された 

あなたの準拠枠。 

あなたの尊い、人間らしさですよ。 

 

ただね 

 

私達大人は 

学生や若者に 

コミュニケーション力が必要と 

伝えております。 

 

若い方にとっては 

すっごく歳の離れた、年配の、 

知らない大人に 

話しかけるとか 

相談をするなんて 

ものすごくコミュニケーション能力を 

必要とする 

ものすごく勇気ある行動なんだと 

思うのです。 

 

あとは 

彼らの“自分で調べる”の中に 

【プロに聞きに行く】という方法も 

入っているのだと思います。 

 

彼らがコミュ力をフル稼働して 

勇気が要る、最も難しい方法を選び 

私達のところへ質問をしに来て 

くれたのです。 

 

まずは褒めましょう。 

「よく来たね、怖かったでしょう」 

 

そして 

彼らが知りたいこと、わからないことは 

何か 

どうやって調べるといいか 

本人はどの方法ならできるか 

といったことを 

彼らが考え、決められるよう 

サポートします。 

ここは、支援者の腕の見せ所。 

カウンセリングスキルを発揮して 

本人に力がつくように促します。 

 

とはいえ、学生が 

「あそこに行けば怒られないから行く」 

「自分のことを決めるときはあそこで 

ヒントもらうんだ~♪」 

これが長く続くのは、考えもの。 

 

依存体質を生んでしまいます。 

 

私達支援者が目指すのは 

若い方が自分で考え、自分で行動し 

自分で決める 

そのチカラを身につけて去っていくこと。 

 

それを忘れないでくださいね。 

 

バランスが大事です。 

f:id:career-re-birth:20170918164218j:plain

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/