キャリアコンサルタントという在り方

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 国家資格キャリアコンサルタント応援ブログ

生まれて初めて書く書類 

学生さん達が 

志望動機に難儀している姿を見ていたら 

ふと 

自分が高校生の時のことを 

思い出しました。 

 

大学入試の時 

『自己推薦書』というのを 

書かなければならず 

その大学を志望した理由として 

「地理的に行きやすい」 

「文系だから」 

「国公立だから」など 

当時の自分に思いつくことを書いて 

現国の先生に添削してもらいました。 

 

現国の先生は大学出たての若い女性で 

とてもかわいらしく 

私達もちょっと軽く見ていたところが 

ありました。 

「あなたに添削できんの?」くらい… 

 

ところが、その先生から 

ビシバシやられたわけです。 

(今思うと当たり前ですが…f^-^;) 

「そういうことを書くんじゃないの。 

その大学で何を学びたいかを 

書くんです」 

 

度肝を抜かれましたねー。 

あの日の衝撃、今も覚えていますよ。 

「志望理由って… 

そういうことなのか!!!」 

 

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆ 

 

今、大学生が 

就職先の志望動機として 

「家から近い」とか「休みが多い」とか 

書いてくると 

つい「おいおい…だめだこいつ」 

などと思ってしまう瞬間がありますが 

 

当たり前です。 

生まれて初めて書く書類なんですから 

わからないだけなのです。 

「そういうことじゃなくて 

その会社で何をしたいかを書くんです」 

と教えてあげればいいだけなのです。 

 

彼らは今それを学ぶ時なんですよね。 

 

初めて書いてきた内容で 

その学生の質を決めつけないように 

心しましょう。 

 

長いこと相談業務をやっていると 

自分の中に蓄積が増えていきます。 

ESの書き方のコツだったり 

面接での振る舞いのコツだったり 

学生さんの就活に関するいろんなことを 

私達も覚え、身につけてきています。 

 

でも相談に来る学生さんは 

毎年、新しい学年の新しい方々が 

来られるわけです。 

生まれて初めての経験をして。 

 

右も左もわからなくて 

今の自分にできる精一杯のことをして 

来られるのですから 

今どの段階にいるか 

今なににつまずいているか 

冷静にあたたかく見極めましょう。 

 

私達の仕事は 

ジャッジすることではなく 

寄り添い、支えること。 

 

f:id:career-re-birth:20171231075110j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント応援 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/